スタッフ日記

2017年08月07日

フェローシップの平本委員は愛川町ゴルフ協会、愛川町教職員ふれあいゴルフクラブ、愛川町教育委員会と3つの団体に所属されています。いつも撮る側の為ご自身の写真がないとのことで掲載用に記念撮影。陸上競技の指導をされていらっしゃる中嶋誠次委員と。

夏の一大イベント『ジュニアゴルフスクール』が開催されました。
天気には概ね恵まれず、写真は曇り空で残念ですが、真夏の日差し全開だったらいくら子供でも過酷な湿度と気温でしたので曇り空でも良しとします(*^_^*)

集合IMG_1154

初日の講義冒頭では主催団体である愛川町ゴルフ協会の会長、共催の教職員ふれあいゴルフ、愛川町教育委員会の方からご挨拶をいただきました。

技術の向上を目指すのですが、エチケット、マナーも同時に学んでいただきたい。
またこのような機会を与えて下さったご両親にも感謝し、世界で活躍する選手を期待します。
そして世界で活躍するようになると英語でのスピーチが必要になりますので、英語でスピーチができるようになるために勉強も頑張って下さい。
努力は報われると信じて頑張っていただきたいと思います。

IMG_1121

IMG_1126

IMG_1127

IMG_1131

IMG_1135

毎年メインの指導者はほぼ変わらずスクールは進行致します。大相模CCのフェローシップ委員会や愛川町ゴルフ協会からは当番で出ていただく方もいらっしゃいます。
たくさんのボランティアの方にご支援いただき毎年楽しく盛りだくさんなスクールにしていただいております。

また慣れている方が進行して下さるので時間通り予定通りにスムーズに無駄がなく、その結果安全性も確保されているのだと思います。

恒例となっております吉川先生の講義では毎年扱うテーマも変わっていて、手書きの絵での説明の時もありましたが今年の初回講義はゴルフで大切な3つの事をお話しいただきました。

1.最後まであきらめない
2.ピンポジ・バンカー・風の向きなどの今日のゴルフの条件
3.集中力

IMG_1140

IMG_1144

1.最後まであきらめない
グリーン1つをとっても速かったり、遅かったりと今年雨が少なくて今日は硬くなっているでしょう。雨が少ない時は芝を刈ってしまうと太陽の熱で芝が傷んでしまう恐れがあるので手入れは難しくなります。
コースは一年を通して天候やメンテナンス上いろいろな条件があり、今日は今日のグリーンがある。速かったり遅かったりするけれど全員が同じ条件だから、全て受け入れてやるのがゴルフ。

ゴルフは全て自分の責任でやるので厳しい所がある、難しい部分もあるけれど、最後まであきらめないでやることがとても大事。スコアが駄目だからといって絶対にあきらめてはいけない。
でも、体調が悪い時などはあきらめるのではなく、無理せずやめる。
1日無理するより万全の対応で次に備えることが大切。

IMG_1146

2.今日のゴルフの条件とコースでの経験を次の練習課題に
ゴルフには風の強さ、向き、ピンの位置、バンカー、池などいろいろな条件があるからいろんなことを考えながらやらなければならない。コースでのいろいろな条件の経験、練習ができるのがこのゴルフスクール最大の魅力です。失敗が多いのがゴルフでむしろうまくいくことはは少ない。右足あがりや傾斜、ラフの深い所、へこんでいるところなど、いろいろな場面の経験をして次の練習に活かして欲しい。
コースではいろいろな経験をして自信をもつことが出来るようになり、練習する時に目的を持って練習することができる。
例えば傾斜地の練習とか目的をもって練習することが出来るようになる。

中学生高校生なんて走ってゴルフしています。大学生なんて打つ時以外は走ってる位。それは足腰を鍛えてる。足腰が大事で頭と技術に頼りがちだけど、技術の元になっているのが足と腰。だから足腰も十分鍛えて下さい。

IMG_1150

3.集中力
集中力、がとても大切。一日ゴルフしても打つ時間はそんなにない。打つ時の集中力が大切でその集中力はいろいろな部分で役に立つ。例えば勉強する時の集中する訓練にもなります。
また調子いいなってときは集中力が高まっている場合があり、寝不足・心配事などがあると上手くいかなくて一日終わる事も。そんなときでも気持ちの切り替えてゴルフに集中できるように訓練することが大切。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

講義の後はASC練習場の打席で練習。レベルごとに分かれて何球か決めて順番に打席練習。それぞれの打席に先生がついて指導してくださいます。スケジュールによっては所属プロが指導に入る日も。

IMG_1175

IMG_1170

全くの初心者から参加可能なのでグリップの握り方から指導を受け、このゴルフ教室くらいしか練習はしてないの、という子でも3、4年のうちにラウンドを楽しめる程度になっているから不思議。子供と大人の差なのでしょうか。

IMG_1182

そうはいっても日頃からレッスンを受けている子がほとんど。
小学校4年生と幼稚園年長の3人もゴルフ友達。普通に対等にゴルフの会話を楽しんでいる姿にはビックリ!!しました。
幼稚園年長さんの最年少参加者の山崎君は既にゴルフ歴2年。
普通にゴルフになっていて、すでに初心者ではない・・・・・・・。
『早く関東アマに出たい』とのこと。
この日はお父様がいらしていて、関東アマに出たいというのは初めての発言らしく、ちなみに小学校4年生からが出場資格。

私も早く出てもらいたいです。

IMG_1183

IMG_1185
初日はスタートホールのティショットの直後にバケツをひっくり返したような雨。やむを得ず中止となりました。

 

スタート前にはしっかりパター練習もします。

IMG_1163

IMG_1159

IMG_1165

IMG_1197

IMG_1200

IMG_1204

最終日はコンペを開催しました。レベルごとの組に分かれてスタートします。

IMG_1225

IMG_1221

IMG_1217

IMG_1215

IMG_1210

IMG_1208

次の3人が一番上級クラス。
もう高校生になったのね。中学生のころはあまりお話しをしてくれなかったけど、すっかり大人になって『今年の夏は調子は良いんだけどいまいち良い結果が出てない』とか。試合の話とか学校の話とか世間話が出来るほどに。

IMG_1250

IMG_1289

IMG_1254

3人の中ではまだ小学生だからちょっとかわいそうかなとか思いつつ・・・・・バックティからはさすがに打たないけど、でも真っすぐ飛んでツーオンを狙えるベストなポジションに。

IMG_1281

IMG_1284

女の子たちはかわいくてみんなしなやか。身体が柔らかいのはもちろんなのでしょうが、心も柔らかいから身体も柔らかく動くのかなぁとほれぼれするほどのスイングです。

IMG_1279

IMG_1270

IMG_1275

IMG_1255

初心者組はスコア関係なくまわります。

IMG_1245

IMG_1234

IMG_1228

ボールを捕らえる目が幼稚園とは思えない。
場所が悪いとか関係なく、ボールのところに歩いていって打つ方向を確認してナイスアウト。

IMG_1230

IMG_1231

IMG_1233

IMG_1240

他の子が打っている時も真剣に見てました。何を考えながら見ているのかなと真剣に聞いてみたいと思いました・・・・・・。

IMG_1236

あっという間に終わってしまった今年のジュニアゴルフスクール。
また来年もみんな来ていただきたいと思います。
見ているだけで楽しませてくれる、フレッシュなパワーはゴルフだけでなくこれからの成長の全てにつながっていくのだなと。
いろいろな栄養素が身体を作っていくようにこれだけが良いというものはなく、全ての経験をつなげていけるように、ゴルフだけではなく全てのことに全力で取り組むことが出来たら素晴らしいなと。
そして、講義を始めコース内での指導を聞いていて子供向きに言葉は選ばれているけれど、自分に置き替えて耳が痛い部分もありましたが、とても勉強になる時間でした。
ご協力いただきました関係者及び保護者の方にはお忙しい中ありがとうございました。

フロント 小川