ニュース

更新情報

2016年03月21日

大相模CCのさくらは現在1,000本

大相模CCのさくらは現在1,000本







昨年のマスター室前のサクラとメンバーの北川さん

東京の気象庁担当者が、本日(3月21日)ソメイヨシノが開花したと発表しました。平年より5日ぐらい早い開花となりました。

当クラブでは、早咲きの河津桜から、ヤマザクラ、オオシマザクラ、ヒカンザクラ、ソメイヨシノと続き、遅咲きの八重桜まで、2月中旬から4月下旬までほぼ2ヶ月半、サクラの季節が続いています。

ソメイヨシノの満開は、3月末から4月初めと予想しています。

春の陽ざしの下での、お花見ゴルフに是非お越し下さい。

当クラブには、今サクラの木が何本あるのだろうと考えまして、ソメイヨシノが満開となった昨年4月5日にメンバーの北川さんと数えて回った結果1,000本を越えるサクラの名所であることを確認しました。

プレーヤー目線での本数を調べようと、全27ホールについてコース内の本数、コース外の本数をプレーヤー目線で見える範囲を確認しながら数えました。

合計897本。これにマスター室横、駐車場の周囲、クラブハウスまでのエントランス道路両側、ASCゴルフ練習場周辺の171本を加えますと1,068本ありました。

昨年、新たに15本『河津桜』を植えましたので、現在、1,083本あることになります。

なお、サクラが1本もないホールが1ホールありました。西コース2番です。

大相模カントリークラブ『千本桜』の下でのプレーを是非お楽しみ下さい。お待ちしております。

井上